7.13.2010

執着心vs挫折心

瀬戸際にて

勝ったのは 平常心

負けたのは 夢見心

生まれたのは 脱力感

死んだのは 革命心

脾臓は 本当はないのに

脾臓ってなまえがあるなんて

おかしくないですか?

常にここになくてはならない

変化を嫌う 君ぐらい

シンプルな 自分の決まりを

強要できたら いいのにね。



周りから見たら この人が少しでもいなくなることがだめなくらい

好きなんだろうなこの人っておもうことでも

本人にしてみたら ただ そこにあるべきものがなくなることが だめという

ただの執着を柔軟に応用できないということであって

自分の見方が 全て当てはまると思うことのほうが怖いと教えられる。

でもだれしも 自分ならこうだと 人のことを見てしまうもんだから

悲痛な叫びも 変換されてしまうわけだ。

保つための 距離は なんにしろ大切なのね。


0 件のコメント:

コメントを投稿