9.22.2010

Boku no namae

おびえた ぼくが お知りを丸めて 震えてる

羽音が ぶーんぶーん

怖くて怖くて 震えちゃう

できるだけ 遠くへ

できるだけ 早く

指をさして だまさないで

目が見えないのだから 鼻が勝手に クンクンクン

それを恐怖だと 察知した瞬間から

ぼくの頭なかでは 大変なことがおこってしまいます

こわい

きらい

おそろしい

かゆい

早くあいつを つれだして

さもなくば

ぼくが狂ったら




あぶないんだぞ。


by sthink mouse

0 件のコメント:

コメントを投稿