10.06.2010

毒キノコハンター

私は 身体的な異常として 吐くという行為が一番 怖い。

なんだか 体から 魂出ちゃうみたいで あの 背格好も 音も 臭いも 怖い。

本日 京都から来た友人を 午前中 きのことりでもてなし

夜鍋をやるというので お誘いに乗った。

最近の私の猫アレルギーの程度は 半端じゃないが 我慢した。

今日ホンシメジが取れたんだよ!と 電話の第一声はそれだった。

どれどれ いろんな野菜の中に ちょこっと 乗ってるきのこを見たとき

私は思った。

これは 怪しすぎる。

一個も食べなかった。

1つ食べた 友人 3名。

10本以上食べた 友人 1名。

その4時間後。

凄い吐き気と共に 腹痛。

明らかに 酒で酔ったときの吐き方じゃない。

上も下もは ・・・これはもしや あれ?

そう 毒キノコを 食したのだ。

名前は クサウラベニタケ うけるのは その 漢字表記だ。

裏紅茸×    裏紅茸◎

プロも間違う 最も食中毒の多いきのこらしいのだ。

1本だけ食べた友人どもは 無事だった。

間違っても 100%得体の知れているきのこ以外は

人がなんと言おうが 私は食べない。

彼が食べた 毒キノコ。 シメジそっくり。


きのこで魂出るなんて嫌だ。

そして 死ななきゃいいんだ と いってたけど

本当にきのこは怖いよ。

仲間内でのきのこ博士は

今日から 毒キノコハンターと その名を変えた。


0 件のコメント:

コメントを投稿